Takashi Kuraishi

Ph.D Candidate
  • Team for Advanced Flow Simulation and Modeling (T*AFSM)
  • Takizawa Laboratory, Department of Modern Mechanical Engineering, Waseda University
  • JSPS Research Fellow (DC)
  • B.Eng. Waseda University, 2014
  • M.Eng. Waseda University, 2016
PGP Fingerprint: 2048R/  D825 B4E9 C34B C165 FF52 D17E 7C43 DB60  CFAC D7D2

Publications

Journal Articles Indexed by the Web of Science

[ 1]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, and T. Kuraishi, “Multiscale ST methods for thermo-fluid analysis of a ground vehicle and its tires”, Mathematical Models and Methods in Applied Sciences, 25 (2015) 2227–2255, 10.1142/S0218202515400072
[ 2]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Kuraishi, S. Tabata, and H. Takagi, “Computational thermo-fluid analysis of a disk brake”, Computational Mechanics, 57 (2016) 965–977, 10.1007/s00466-016-1272-4
[ 3]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, Y. Otoguro, T. Terahara, T. Kuraishi, and H. Hattori, “Turbocharger flow computations with the Space–Time Isogeometric Analysis (ST-IGA)”, Computers & Fluids, 142 (2017) 15–20, 10.1016/j.compfluid.2016.02.021

Chapters in Books

[ 1]
T. Kuraishi, K. Takizawa, and T.E. Tezduyar, “Space–time computational analysis of tire aerodynamics with actual geometry, road contact and tire deformation”, to appear in a special volume to be published by Springer (2018)

Conference Papers

[ 1]
T. Kuraishi, K. Takizawa, S. Tabata, S. Asada, and T.E. Tezduyar, “Multiscale thermo-fluid analysis of a tire”, Proceedings of the 19th Japan Society of Computational Engineering and Science Conference (2014)
[ 2]
Y. Otoguro, T. Terahara, K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Kuraishi, and H. Hattori, “A higher-order ST-VMS method for turbocharger analysis”, Proceedings of 13th Asian International Conference on Fluid Machinery (2015)
[ 3]
M. Omori, T. Kuraishi, K. Takizawa, and T.E. Tezduyar, “High spatial and temporal resolution computational analysis of flow between an engine cylinder and moving piston”, Proceedings of the 11th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing (2017)

Recent News

  • 倉石が19th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (FEF 2017)で発表予定
    ”Tire Aerodynamic Analysis and Verification with the Space-Time Slip Interface Topology Change Method and Isogeometric Discretization” というタイトルで発表します。 Takashi Kuraishi, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar FEF2017 Sapienza University, Fluid–Structure Interaction (FSI) I, 10:00 — 10:20
  • 倉石が、第30回数値流体力学シンポジウムでベストCFDグラフィックス・アワード動画部門(銀賞)を受賞
    第30回数値流体力学シンポジウムにおいて、ベストCFDグラフィックス・アワード動画部門にて銀賞を受賞。 「Tire Aerodynamic Analysis and Verification with the Space-Time Slip Interface Topology Change (ST-SI-TC) Method and NURBS in Space」
  • 岡村・大森・金子・塩崎・長岡が第30回数値流体シンポジウムの3日目に発表予定
    第30回数値流体力学シンポジウム3日目の発表予定は以下の通りです。 フィルターを解像した排ガス浄化装置内流れ解析による入口旋回流の影響 岡村 遼樹、大原 崇裕、乙黒 雄斗、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A09-1 12/14 (水) 9:30〜9:50@タワーホール船堀、東京       Flow Analysis of an Engine Cylinder and Moving Piston with the Space–Time Isogeometric Method 大森 正也、倉石 孝、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A09-3 12/14 (水) 10:10〜10:30@タワーホール船堀、東京               流体機会内の紐の挙動と滞留時間 金子 真之、望月 寛己、新井 一真、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A10-2 12/14 (水) 11:20〜11:40@タワーホール船堀、東京       大動脈弁の周囲流れ解析と実験による検証 塩崎 健介、寺原 拓哉、佐々木 崇史、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-2 種々の連成問題、C10-3 12/14 (水) 11:40〜12:00@タワーホール船堀、東京       ターボチャージャーの評価: 脈動流とマニフォールドを考慮したタービン解析 長岡 謙一郎、乙黒 雄斗、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A10-4 12/14 ...
  • 田中・倉石が第30回数値流体シンポジウムの2日目に発表予定
    第30回数値流体力学シンポジウム二日目の発表予定は以下の通りです。 圧縮性流体領域におけるリボンパラシュート解析 田中 達也、金井 太郎、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-3 輸送用機械に関連する流れ、E06-3 12/13 (火) 10:10〜10:30@タワーホール船堀、東京       Tire Aerodynamic Analysis and Verification with the Space–Time Slip Interface Topology Change(ST-SI-TC) Method and NURBS in Space 倉石 孝、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-3 輸送用機械に関する流れ、E08-4 12/13 (火) 14:40〜15:00@タワーホール船堀、東京
  • 倉石がUSACM Conference on Isogeometric Analysis and Meshfree Methodsで発表予定
    ”Tire Aerodynamic Analysis with the Space-Time Slip Interface Topology Change (ST-SI-TC) Method and NURBS in Space” というタイトルで発表します。 Takashi Kuraishi*, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar USACM Conference on Isogeometric Analysis and Meshfree Methods, Estancia La Jolla Hotel and Spa, Technical Session #8-3: Industrial Applications of IGA and Meshfree Methods, 15:10 — 15:30
  • WCCM XII & APCOM VIにて発表します
    申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII) and APCOM VI in Seoul, Republic of Korea, 24–29 July, 2016. Takizawa will give a talk, “Space–Time Methods and Isogeometric Discretization in Computational ...
  • ディスクブレーキの熱流体解析および熱伝導解析
    熱流体解析により、回転速度に応じた熱伝達係数を計算し、それらを用いた熱伝導解析によりディスクブレーキが回転し停止するまでの 表面の高周波熱振動を解析したものである。 詳細は、論文 をご覧ください。
  • 重量車およびそのタイヤまわりの高精度熱流体解析
    タイヤからの熱流束を求めるためのトラック周囲の熱流体解析 本解析はタイヤからの熱流束を求めるため、2段階に分けた計算を行っている。ひとつ目は、熱環境を知るためにトラック周囲を含めた大きな領域での熱流体解析である。これには、トラックの熱効率等から推定されたエンジンや排気部からの熱流束を用いた推定となっている。また、トラック自身の縦揺れを考慮している。ふたつ目は、熱流束を数値解析から直接得るために、タイヤ近傍に絞った解析領域を前述の解析結果を境界条件として再計算する。ここでは、温度境界層をキャプチャーするために非常に細かい格子を用いている。 どちらの解析もspace-time variational multiscale (ST-VMS) 法の熱流体バージョンを用いている。 これらの解析および、ST-VMSの定式化の詳細は、論文をご覧ください。
  • 倉石が2016年度 早稲田大学 アーリーバードプログラムに採択
    倉石孝が若手研究者支援プログラムであるアーリーバードプログラムに採択されました。
  • 倉石が第21回計算工学講演会で発表予定
    “Flow analysis with actual tire geometry, tire deformation and road contact” というタイトルで発表します。 倉石 孝、滝沢 研二、浅田 奨平、Tayfun E. Tezduyar 第21回計算工学講演会 朱鷺メッセ、新潟 OS27 自動車CAE、D-6-3、10:30~11:45