これまで述べてきたプロジェクトに対して、正確な数学モデルの構築と流体構造連成問題に対する創造性に富んだ手法、より効果的な並列反復計算技術が必要であることは間違いありません。我々がターゲットとしている課題に解決策をもたらすためには新たな計算技術に挑戦することが必要であり、そのために数学モデルと計算技術を発展させる取り組みを実施していきます。我々は、Space-Time有限要素法、マルチスケールFSI技術、並列計算技術を改良することが、それらの発展につながると期待しています。

Space–Time Slip Interface and Topology Change (ST-SI-TC) 法

Space–Time Slip Interface (ST-SI) 法

Space–Time Topology Change (ST-TC) 法