風車の空力および流体構造連成計算のモデル化はこれまで困難な課題とされてきました。その理由は、タービンにより発生するトルク値を正確に求めることが難しいことと、空気の流れと翼の動き・変形を連成させて計算することが難しいためです。我々のSpace-Time有限要素法によって得られる時間精度の高さは、翼の計算モデルに非常に有効で、近年されてきた研究のレベルを大きく上回る風車モデルになると予想しています。現時点では風車モデルに対する取り組みを始めた段階です。

ディスクブレーキの熱流体解析および熱伝導解析

重量車およびそのタイヤまわりの高精度熱流体解析

風車の翼の流体解析