Takuya Terahara

Ph.D
  • Team for Advanced Flow Simulation and Modeling (T*AFSM)
  • Takizawa Laboratory, Department of Modern Mechanical Engineering, Waseda University
  • Assistant Professor, Department of Modern Mechanical Engineering, Waseda University
  • B.Eng. Waseda University, 2015
  • M.Eng. Waseda University, 2017
  • Ph.D. Waseda University, 2020
PGP Fingerprint: 2048R/  20B9 DE77 FB36 327D 83EE 2160 8F22 70B2 D29E 6365

Publications

Journal Articles Indexed by the Web of Science

[ 1]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, Y. Otoguro, T. Terahara, T. Kuraishi, and H. Hattori, “Turbocharger flow computations with the Space–Time Isogeometric Analysis (ST-IGA)”, Computers & Fluids, 142 (2017) 15–20, 10.1016/j.compfluid.2016.02.021
[ 2]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, and T. Terahara, “Ram-air parachute structural and fluid mechanics computations with the space–time isogeometric analysis (ST-IGA)”, Computers & Fluids, 141 (2016) 191–200, 10.1016/j.compfluid.2016.05.027
[ 3]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Terahara, and T. Sasaki, “Heart valve flow computation with the integrated Space–Time VMS, Slip Interface, Topology Change and Isogeometric Discretization methods”, Computers & Fluids, 158 (2017) 176–188, 10.1016/j.compfluid.2016.11.012
[ 4]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, H. Uchikawa, T. Terahara, T. Sasaki, and A. Yoshida, “Mesh refinement influence and cardiac-cycle flow periodicity in aorta flow analysis with isogeometric discretization”, Computers & Fluids, 179 (2019) 790–798, 10.1016/j.compfluid.2018.05.025
[ 5]
T. Terahara, K. Takizawa, T.E. Tezduyar, Y. Bazilevs, and M.-C. Hsu, “Heart valve isogeometric sequentially-coupled FSI analysis with the space–time topology change method”, Computational Mechanics, to appear, DOI: 10.1007/s00466-019-01813-0 (2019), 10.1007/s00466-019-01813-0

Chapters in Books

[ 1]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Terahara, and T. Sasaki, “Heart valve flow computation with the Space–Time Slip Interface Topology Change (ST-SI-TC) method and Isogeometric Analysis (IGA)”, Biomedical Technology: Modeling, Experiments and Simulation (2018) 77–99, 10.1007/978-3-319-59548-1_6
[ 2]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, H. Uchikawa, T. Terahara, T. Sasaki, K. Shiozaki, A. Yoshida, K. Komiya, and G. Inoue, “Aorta flow analysis and heart valve flow and structure analysis”, Frontiers in Computational Fluid–Structure Interaction and Flow Simulation: Research from Lead Investigators under Forty – 2018 (2018) 29–89, 10.1007/978-3-319-96469-0_2

Conference Papers

[ 1]
Y. Tsutsui, N. Toh, T. Terahara, K. Takizawa, T.E. Tezduyar, and C. Boswell, “Ringsail-parachute design studies based on aerodynamic-moment computation with resolved geometric porosity”, Proceedings of 58th Symposium on Space Science and Technology (2014)
[ 2]
Y. Otoguro, T. Terahara, K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Kuraishi, and H. Hattori, “A higher-order ST-VMS method for turbocharger analysis”, Proceedings of 13th Asian International Conference on Fluid Machinery (2015)

Recent News

  • 金子, 近藤, 秋樂, 久保田, 白井, 吉田, 寺原が第27回計算工学講演会で発表予定
    発表は以下の通りです。   ST-SI-TC-IGA法によるミラーを考慮した自動車近傍における空力解析 金子 隆太郎, 倉石 孝, 徐 兆京, 山﨑 智司, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS03 流れの計算法 (2)   :6月2日13:45-14:00   ディーゼル用酸化触媒における煤詰まり成⻑の予測 近藤 大斗, 倉石 孝, 上條 隆之, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS03 流れの計算法 (2)   :6月2日14:00-14:15   ターボチャージャータービンの振動モード解析 秋樂 寛人, 乙黑 雄斗, 中村 貴博, 谷口 靖憲, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS16 アイソジオメトリック解析 (2)  :6月3日15:00-15:15   拡張ラグランジュ法を応用した紐同士の接触解析 久保田 亮磨, 玉井 佑, 飯野 哲平, 白井 嵩彦, ...
  • 寺原, AydinbakarがAPCOM2019で発表予定
    発表順は以下の通りです。   Ventricle-Valve-Aorta Flow Analysis with the Space–Time Isogeometric Discretization and Topology Change Terahara, K. Takizawa, T.E. Tezduyar, R. Kobayashi, A. Tsushima Computational Fluid-Structure Interaction0498: 12月18日11:35-11:50   U-Duct Turbulent-Flow Computation with the ST-VMS Method and Isogeometric Discretization Levent Aydinbakar, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar and Daisaku Matsuda Computational Fluid-Structure Interaction0482: 12月18日12:05-12:20   http://www.apcom2019.org/
  • 第34回数値流体力学シンポジウムで発表予定
    寺原, 桑田, 後藤, 千川, 津島, 永井, 松田, 三輪, 山崎, 奥井, 中村, 平岡, 南原, 鈴木が発表 発表順は以下の通りです。 乳頭筋が大動脈近傍流れに及ぼす影響 平岡諄巳, 寺原 拓哉, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS3-2種々の連成問題(音響,流体-構造, 生体流れなど)D02-1: 12月21日14:00-14:20 血行動態解明に向けた僧帽弁近傍の流れ解析手法の基礎検討 南原 恵, 寺原 拓哉, 平岡 諄巳, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS3-2種々の連成問題(音響,流体-構造, 生体流れなど)D02-2: 12月21日14:20-14:40 T-splineを用いた心臓弁流体解析 寺原拓哉, 滝沢研二 OS3-2種々の連成問題(音響,流体-構造, 生体流れなど)D02-3: 12月21日14:40-15:00 タイヤの変形および路面接触を考慮した自動車の空力解析 山崎 智司, 倉石 孝, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E OS3-2種々の連成問題(音響,流体-構造, 生体流れなど)D04-3: 12月21日18:00-18:20 排気管内を浮遊する煤のDOCにおける堆積推定 千川高歩, 倉石孝, 山田和俊, 滝沢研二, Tayfun E. Tezduyar OS3-2種々の連成問題(音響,流体-構造, 生体流れなど)D04-4: ...
  • 寺原,谷口,南原,鈴木が第26回計算工学講演会で発表
    発表順は以下の通りです。 Isogeometric離散化に基づく面垂直応力の厚み方向変化を考慮したKirchhoff—Loveシェル定式化の検討 谷口 靖憲,滝沢 研,Tezduyar Tayfun E OS12 アイソジオメトリック解析(1):5月26日 13:30-13:45 僧帽弁閉鎖を考慮した左心室内流体解析に関する基礎検討 南原 恵,寺原 拓哉,滝沢 研二,Tezduyar Tayfun E. OS12 アイソジオメトリック解析(1):5月26日 14:00-14:15 アイソジオメトリック解析による接触を伴う心臓弁解析 寺原 拓哉,滝沢 研二,Tezduyar Tayfun E. OS12 アイソジオメトリック解析(1):5月26日 14:15-14:30 T-splineを用いた傘の設計と性能評価 鈴木 絢芽,寺原 拓哉,乙黒 雄斗,滝沢 研二,Tayfun E. Tezduyar OS12 アイソジオメトリック解析(2): 5月26日 15:30-15:45 https://www.jsces.org/koenkai/26/
  • 谷口, 齋藤, 中村, 南原が第34回計算力学講演会で発表予定
    発表順は以下の通りです。 接触する心臓弁周囲の赤血球軌道追跡 中村 貴博, 寺原 拓哉, 乙黒 雄斗, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS08-1: 計算バイオメカニクス:9月21日(第2室)9:15-10:30   Isogeometric 離散化に基づく面垂直応力の厚み方向変化を考慮した Kirchhoff–Love シェル: 境界条件式に関する考察 谷口 靖憲,滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS08-1: 計算バイオメカニクス:9月21日(第2室)9:15-10:30   僧帽弁解析に向けた接触問題に関する基礎検討 南原 恵, 寺原 拓哉, 谷口 靖憲, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS08-3: 計算バイオメカニクス:9月21日(第2室)15:00-16:00   医用画像を対象とした形状抽出における k-refinement および方向依存性 齋藤 耀玖, 乙黒 雄斗, 寺原 拓哉, 後藤 圭, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS08-3: 計算バイオメカニクス:9月21日(第2室)15:00-16:00 https://www.jsme.or.jp/cmd/conference/cmdconf21/index.html
  • 寺原, 島村, 南原が第32回計算力学講演会で発表予定
    発表順は以下の通りです。   T-splineによる僧帽弁のモデリング 南原 恵, 寺原 拓哉, 滝沢 研二, Tayfun E. Tezduyar OS03-1:計算バイオメカニクス274:9月17日16:15-16:30   心臓弁を含む左心室の解析 寺原 拓哉, 塩崎 健介, 小林遼太郎, 津島 敦史, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E. OS03-2:計算バイオメカニクス275 : 9月18日10:00-10:15   血液輸送効率に着目した大動脈血行動態の推定 島村 駿輔, 小宮 賢士, 佐々木 崇史, 滝沢 研二, Tezduyar Tayfun E, 玉井 佑 OS03-3:計算バイオメカニクス264 : 9月18日11:00-11:15   https://www.jsme.or.jp/cmd/conference/cmdconf19/index.html
  • 寺原拓哉の博士論文公聴会開催のお知らせ
    寺原拓哉の博士論文公聴会を下記の要領で実施します。 日時: 2020年1月22日(水), 13:00〜14:00. 場所: 西早稲田キャンパス60号館 206室 (2階) 論文タイトル 「Space-Time Computational Methods for High-Fidelity Heart Valve Flow Analysis with Leaflet Contact」
  • 寺原, 宇塚, 矢野が第24回計算工学講演会で発表予定
    発表順は以下の通りです。 フォイル軸受における厚みの流体力学的効果 矢野 夏洋、倉石 孝、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar 流れの計算法(3):13:45–14:00 B-08-03 左心系の高精度流体解析 寺原 拓哉, 塩崎 健介, 小林 遼太郎, 津島 敦史, 滝沢 研二, Tayfun E. Tezduyar 流れの計算法(4):14:30–14:45 B-09-01 捕集フィルターに付着する煤の壁面厚みの影響 宇塚 匠平, 倉石 孝,千川 高歩, 山田 和俊,滝沢 研二, Tayfun E. Tezduyar 流れの計算法(4):15:00–15:15 B-09-03 第24回計算工学講演会
  • 乙黒、金井、寺原がIGA 2018で発表予定
    IGA 2018での発表予定は以下の通りです。 Heart Valve Sequentially-coupled FSI Analysis with the ST-SI-TC-IGA Takuya Terahara, Kenji Takizawa, Tayfun Tezduyar, Ming-Chen Hsu, Yuri Bazilevs Fluid–Structure Interaction & Fluids – III October 12 9:00~9:30 Spacecraft Parachute Compressible-flow Computation with Geometric-Porosity Modeling and Isogeometric Discretization Taro Kanai, Kenji Takizawa, Tayfun Tezduyar, Tatsuya Tanaka, Aaron Hartmann Fluid–Structure Interaction & Fluids – V October 12 14:30~15:00 Stabilization Parameters for ST Flow Computations ...
  • 寺原が血流会においてYoung Investigator Awardを受賞
    寺原拓哉が第7回血流会においてYoung Investigator Awardを受賞しました。