企業・研究所の皆様

本研究室は、早稲田大学創造理工学研究科総合機械工学専攻に所属しています。
また、次世代自動車研究機構・燃焼・伝熱工学研究所および自動車用触媒研究所に所属しています。

これまで様々な企業との共同実績があります。特に、現在の商用ソフトによる数値解析では実現できない、複雑または新しい分野での共同研究を行っております。受託研究・共同研究のご相談をいつでもお受けしております。

早稲田大学へのリンク

早稲田大学の受託研究・共同研究の方法はこちらをご参照ください。
早稲田大学学外連携・指定受付はこちらをご参照ください。

研究紹介、研究業績

  • 早稲田大学が滝沢とTAFSMを特集
    早稲田大学の特集記事は3つのパートからなり、滝沢とチームTAFSM、その研究成果について日本語と英語で紹介されました。 動画(英語字幕付き) もあります。 日本語: Part 1, Part 2, Part 3 英語: Part 1, Part 2, Part 3 動画
  • 次の流体構造連成解析のショートコース
    次の流体構造連成解析のショートコースはサンディエゴで行われます。 詳しくはこちらをご覧ください。
  • Space–Time Slip Interface and Topology Change (ST-SI-TC) 法
    ST-SI-TC 法は ST-SI法およびST-TC法の両方を同時に使う手法です。 この方法は、接触と、回転問題の両者を同時に解決します。これにより、タイヤのように、回転と接触の両方をもつ機構の周囲流れの解析が可能となります。 さらに、ST-TC法の弱点であった接触点を予め知っていなければならないという点をST-SI法の利用で緩和できます。 詳細は、論文をご覧ください。
  • ディスクブレーキの熱流体解析および熱伝導解析
    熱流体解析により、回転速度に応じた熱伝達係数を計算し、それらを用いた熱伝導解析によりディスクブレーキが回転し停止するまでの 表面の高周波熱振動を解析したものである。 詳細は、論文 をご覧ください。
  • 重量車およびそのタイヤまわりの高精度熱流体解析
    タイヤからの熱流束を求めるためのトラック周囲の熱流体解析 本解析はタイヤからの熱流束を求めるため、2段階に分けた計算を行っている。ひとつ目は、熱環境を知るためにトラック周囲を含めた大きな領域での熱流体解析である。これには、トラックの熱効率等から推定されたエンジンや排気部からの熱流束を用いた推定となっている。また、トラック自身の縦揺れを考慮している。ふたつ目は、熱流束を数値解析から直接得るために、タイヤ近傍に絞った解析領域を前述の解析結果を境界条件として再計算する。ここでは、温度境界層をキャプチャーするために非常に細かい格子を用いている。 どちらの解析もspace-time variational multiscale (ST-VMS) 法の熱流体バージョンを用いている。 これらの解析および、ST-VMSの定式化の詳細は、論文をご覧ください。
  • Projects
    概要 私達の研究目的は、開発した高精度な流体構造連成(FSI)の計算技術を用いて、21世紀における多くの主要技術領域(バイオテクノロジー・宇宙工学・エネルギー科学など)において重要な貢献を続けていくことです。 私たちはこれらの技術領域において、今後FSIモデリング技術が信頼性の高い数値解析と性能評価および両者の相関関係の研究により、新しい解決策や新しい構造をもたらすことにより、その発展おいて大きな役割を担っていくと考えています。私達の研究目的はその役割を果たすことです。 それにはこれまで解決してきた数より、さらに多くの計算的技術課題に対処していくことが必要となるでしょう。 これらの課題を解決していくために必要な新しいモデリング技術を工夫をこらして発展させていくこともまた、研究テーマの一つです。
  • Publications
    Last update: Nov 02, 2018 Books Y. Bazilevs, K. Takizawa, and T.E. Tezduyar, “Computational Fluid–Structure Interaction: Methods and Applications”, Wiley (2013), 10.1002/9781118483565 @BOOK{Bazilevs13a, AUTHOR = {Y.~Bazilevs and ...

学会講演情報

  • 乙黒、金井、寺原がIGA 2018で発表予定
    IGA 2018での発表予定は以下の通りです。 Heart Valve Sequentially-coupled FSI Analysis with the ST-SI-TC-IGA Takuya Terahara, Kenji Takizawa, Tayfun Tezduyar, Ming-Chen Hsu, Yuri Bazilevs Fluid–Structure Interaction & Fluids – III October 12 9:00~9:30 Spacecraft Parachute Compressible-flow Computation with Geometric-Porosity Modeling and Isogeometric Discretization Taro Kanai, Kenji Takizawa, Tayfun Tezduyar, Tatsuya Tanaka, Aaron Hartmann Fluid–Structure Interaction & Fluids – V October 12 14:30~15:00 Stabilization Parameters for ST Flow Computations ...
  • 小宮がIAHR2018で発表予定
    IAHR 2018での発表予定は以下の通りです。 Computational analysis of flow-driven string dynamics in a pump and residence time calculation Kenji Komiya, Taro Kanai, Yuto Otoguro, Masayuki Kaneko, Kyohei Hirota, Kenji Takizawa, Yutong Zhang, Tayfun E. Tezduyar, Motohiko Nohmi Hydraulic / Mechanical and Fluid / Solid Interactions 3 (RY203):441 September 20 16:00~16:20
  • 廣田が第23回計算工学講演会で発表予定
    第23回 計算工学講演会での発表予定は以下の通りです。 流体機械内の紐の運動と流体滞留時間解析による異物通過予測 廣田 恭平、金井 太郎、小宮 賢士、金子 真之、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar 流れの計算法(3):F-07-3 6/7 (木) 13:45~14:00
  • 大森がThe 11th Pacific Symposium on Flow Visualization and Image Processing (PSFVIP11)で発表予定
    “High Spatial and Temporal Resolution Computational Analysis of Flow Between an Engine Cylinder and Moving Piston” というタイトルで発表します。 Masaya Omori, Takashi Kuraishi, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar PSFVIP11 Kumamoto University 12/3 Physiological/Biological flow 10:20-11:50
  • 「近未来への招待状 ~ナイスステップな研究者2016からのメッセージ~」
    7月21日(金)NISTEP会議室にて 滝沢が研究紹介をいたします。 詳細は下記をご覧ください。 「近未来への招待状 ~ナイスステップな研究者2016からのメッセージ~」(7/21) 参加申込みフォーム
  • 倉石が19th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (FEF 2017)で発表予定
    ”Tire Aerodynamic Analysis and Verification with the Space-Time Slip Interface Topology Change Method and Isogeometric Discretization” というタイトルで発表します。 Takashi Kuraishi, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar FEF2017 Sapienza University, Fluid–Structure Interaction (FSI) I, 10:00 — 10:20
  • 金井が19th International Conference on Finite Elements in Flow Problems (FEF 2017)で発表予定
    ”Disk-Gap-Band Parachute Supersonic Flow Analysis with High-Fidelity Geometry and Boundary-Layer Representation” というタイトルで発表します。 Taro Kanai, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar FEF2017 Sapienza University, Fluid–Structure Interaction (FSI) I, 9:40 — 10:00
  • 塩崎、吉田が 日本機械学会 第29回バイオエンジニアリング講演会 で発表予定
    第29回バイオエンジニアリング講演会での発表予定は以下の通りです。 大動脈弁の模擬実験を基にした数値解析とその検証 塩崎 健介、寺原 拓哉、佐々木 崇史、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar 循環器系のバイオメカニクス:大動脈と血流、2C25 1/20 (金) 10:45~12:15               分岐を含む大動脈のゼロ応力状態推定 吉田 彩花、佐々木 崇史、寺原 拓哉、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar 循環器系のバイオメカニクス:大動脈と血流、2C26 1/20 (金) 10:45~12:15  
  • 岡村・大森・金子・塩崎・長岡が第30回数値流体シンポジウムの3日目に発表予定
    第30回数値流体力学シンポジウム3日目の発表予定は以下の通りです。 フィルターを解像した排ガス浄化装置内流れ解析による入口旋回流の影響 岡村 遼樹、大原 崇裕、乙黒 雄斗、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A09-1 12/14 (水) 9:30〜9:50@タワーホール船堀、東京       Flow Analysis of an Engine Cylinder and Moving Piston with the Space–Time Isogeometric Method 大森 正也、倉石 孝、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A09-3 12/14 (水) 10:10〜10:30@タワーホール船堀、東京               流体機会内の紐の挙動と滞留時間 金子 真之、望月 寛己、新井 一真、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A10-2 12/14 (水) 11:20〜11:40@タワーホール船堀、東京       大動脈弁の周囲流れ解析と実験による検証 塩崎 健介、寺原 拓哉、佐々木 崇史、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-2 種々の連成問題、C10-3 12/14 (水) 11:40〜12:00@タワーホール船堀、東京       ターボチャージャーの評価: 脈動流とマニフォールドを考慮したタービン解析 長岡 謙一郎、乙黒 雄斗、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A10-4 12/14 ...
  • 田中・倉石が第30回数値流体シンポジウムの2日目に発表予定
    第30回数値流体力学シンポジウム二日目の発表予定は以下の通りです。 圧縮性流体領域におけるリボンパラシュート解析 田中 達也、金井 太郎、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-3 輸送用機械に関連する流れ、E06-3 12/13 (火) 10:10〜10:30@タワーホール船堀、東京       Tire Aerodynamic Analysis and Verification with the Space–Time Slip Interface Topology Change(ST-SI-TC) Method and NURBS in Space 倉石 孝、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-3 輸送用機械に関する流れ、E08-4 12/13 (火) 14:40〜15:00@タワーホール船堀、東京