Sasaki Takafumi

Ph.D Candidate
  • Team for Advanced Flow Simulation and Modeling (T*AFSM)
  • Takizawa Laboratory, Department of Modern Mechanical Engineering, Waseda University
  • Graduate Program for Embodiment Informatics, Waseda University
  • JSPS Research Fellow (DC)
  • B.Eng. Waseda University, 2014
  • M.Eng. Waseda University, 2016
PGP Fingerprint: 4096R/  29FE E724 32F3 F3A7 EE75 1A9C 12B4 5E76 B2E5 DFC6

Publications

Journal Articles Indexed by the Web of Science

[ 1]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, and T. Sasaki, “Aorta modeling with the element-based zero-stress state and isogeometric discretization”, Computational Mechanics, 59 (2017) 265–280, 10.1007/s00466-016-1344-5
[ 2]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Terahara, and T. Sasaki, “Heart valve flow computation with the integrated Space–Time VMS, Slip Interface, Topology Change and Isogeometric Discretization methods”, Computers & Fluids, 158 (2017) 176–188, 10.1016/j.compfluid.2016.11.012
[ 3]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, H. Uchikawa, T. Terahara, T. Sasaki, and A. Yoshida, “Mesh refinement influence and cardiac-cycle flow periodicity in aorta flow analysis with isogeometric discretization”, Computers & Fluids, published online, DOI: 10.1016/j.compfluid.2018.05.025 (2018), 10.1016/j.compfluid.2018.05.025
[ 4]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, and T. Sasaki, “Isogeometric hyperelastic shell analysis with out-of-plane deformation mapping”, Computational Mechanics, published online, DOI: 10.1007/s00466-018-1616-3 (2018), 10.1007/s00466-018-1616-3
[ 5]
T. Sasaki, K. Takizawa, and T.E. Tezduyar, “Aorta zero-stress state modeling with t-spline discretization”, Computational Mechanics, to appear, DOI: 10.1007/s00466-018-1651-0 (2018), 10.1007/s00466-018-1651-0

Chapters in Books

[ 1]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, and T. Sasaki, “Estimation of element-based zero-stress state in arterial FSI computations with isogeometric wall discretization”, Biomedical Technology: Modeling, Experiments and Simulation (2018) 101–122, 10.1007/978-3-319-59548-1_7
[ 2]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, T. Terahara, and T. Sasaki, “Heart valve flow computation with the Space–Time Slip Interface Topology Change (ST-SI-TC) method and Isogeometric Analysis (IGA)”, Biomedical Technology: Modeling, Experiments and Simulation (2018) 77–99, 10.1007/978-3-319-59548-1_6
[ 3]
K. Takizawa, T.E. Tezduyar, H. Uchikawa, T. Terahara, T. Sasaki, K. Shiozaki, A. Yoshida, K. Komiya, and G. Inoue, “Aorta flow analysis and heart valve flow and structure analysis”, Frontiers in Computational Fluid–Structure Interaction and Flow Simulation: Research from Lead Investigators under Forty – 2018 (2018) 29–89, 10.1007/978-3-319-96469-0_2

Recent News

  • 佐々木が優秀講演賞を受賞
    佐々木崇史が、日本機械学会第30回計算力学講演会で優秀講演賞を受賞。
  • 佐々木が2017年度 早稲田大学 アーリーバードプログラムに採択
    佐々木崇史が若手研究者支援プログラムであるアーリーバードプログラムに採択されました。
  • 岡村・大森・金子・塩崎・長岡が第30回数値流体シンポジウムの3日目に発表予定
    第30回数値流体力学シンポジウム3日目の発表予定は以下の通りです。 フィルターを解像した排ガス浄化装置内流れ解析による入口旋回流の影響 岡村 遼樹、大原 崇裕、乙黒 雄斗、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A09-1 12/14 (水) 9:30〜9:50@タワーホール船堀、東京       Flow Analysis of an Engine Cylinder and Moving Piston with the Space–Time Isogeometric Method 大森 正也、倉石 孝、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A09-3 12/14 (水) 10:10〜10:30@タワーホール船堀、東京               流体機会内の紐の挙動と滞留時間 金子 真之、望月 寛己、新井 一真、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A10-2 12/14 (水) 11:20〜11:40@タワーホール船堀、東京       大動脈弁の周囲流れ解析と実験による検証 塩崎 健介、寺原 拓哉、佐々木 崇史、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-2 種々の連成問題、C10-3 12/14 (水) 11:40〜12:00@タワーホール船堀、東京       ターボチャージャーの評価: 脈動流とマニフォールドを考慮したタービン解析 長岡 謙一郎、乙黒 雄斗、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar OS3-5 エネルギーに関連する流れ、A10-4 12/14 ...
  • 佐々木がUSACM Conference on Isogeometric Analysis and Meshfree Methodsで発表予定
    ”Estimation of Arterial ElementBased ZeroStress State with T-Splines Wall Discretization” というタイトルで発表します。 Takafumi Sasaki*, Kenji Takizawa, Tayfun Tezduyar USACM Conference on Isogeometric Analysis and Meshfree Methods, Estancia La Jolla Hotel and Spa, Technical Session #13-5: Application of IGA and Meshfree Methods to Coupled Problems and Contact, 10:30 — 10:50
  • WCCM XII & APCOM VIにて発表します
    申し訳ありません、このコンテンツはただ今 アメリカ英語 のみです。 For the sake of viewer convenience, the content is shown below in the alternative language. You may click the link to switch the active language. 12th World Congress on Computational Mechanics (WCCM XII) and APCOM VI in Seoul, Republic of Korea, 24–29 July, 2016. Takizawa will give a talk, “Space–Time Methods and Isogeometric Discretization in Computational ...
  • グラフィクスアワード優秀賞
    第21回計算工学講演会グラフィクスアワード優秀賞に選ばれました。 タイトル「弁の開閉を再現した大動脈内血流の渦構造」 内河寛明, 佐々木崇史, 寺原拓哉, 滝沢研二, テズドゥヤータイフン
  • 佐々木、寺原、内河が第21回計算工学講演会で発表予定
    発表予定は以下のとおりです。 ゼロ応力状態推定および物質点追跡によるisogeometric大動脈モデルの構築 佐々木 崇史、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar、板谷 慶一 第21回計算工学講演会 朱鷺メッセ、新潟 OS6 今,計算バイオメカニクスで何ができるか、F-8-2、9:00~10:15 大動脈弁の非対称開閉時の弁近傍流れの詳細解析 寺原 拓哉、滝沢 研二、Tezduyar E. Tayfun、佐々木 崇史 第21回計算工学講演会 朱鷺メッセ、新潟 OS12 流れの計算法、A-8-1、15:00~16:00 滑らかな形状および境界層の高解像による血管内脈動流の周期性に関する研究 内河 寛明、佐々木 崇史、寺原 拓哉、滝沢 研二、Tayfun E. Tezduyar 第21回計算工学講演会 朱鷺メッセ、新潟 OS6 今,計算バイオメカニクスで何ができるか、F-8-1、9:00~10:15
  • 佐々木が第28回バイオエンジニアリング講演会で発表
    この発表では、 “NURBSを用いた大動脈ゼロストレス状態の推定” というタイトルで発表します。 佐々木崇史(早大),滝沢研二(早大),内河寛明(早大),Tayfun E. Tezduyar(Rice),板谷慶一(京府医大) 第28回バイオエンジニアリング講演会 東京工業大学 大岡山キャンパス,東京 生体流れの計算バイオメカニクス:疾病の再現および診断・治療への応用,1E33 2016年1月
  • 佐々木がICBT2015で発表
    この発表では、 “Arterial Wall Modeling with Time-Dependent Surface Extraction from Medical Images” というタイトルで発表します。 Takafumi Sasaki, Kenji Takizawa, Tayfun E. Tezduyar, Hirokazu Takagi, Keiichi Itatani, Shohei Miyazaki and Kagami Miyaji International Conference on Biomedical Technology 2015 Leibnizhaus, Hanoover, Germany Computational Biomedical Fluid Mechanics and Fluid-Structure Interaction 2016年10月
  • 佐々木が日本機械学会 2015年度年次大会で発表
    この発表では、 “複数医用画像を用いた動脈壁モデルの構築” というタイトルで発表します。 佐々木崇史(早大),滝沢研二(早大),板谷慶一(京府医大),内河寛明(早大),Tayfun E. Tezduyar(Rice),宮崎翔平(北里) 日本機械学会 2015年度年次大会 北海道大学工学部,札幌 バイオエンジニアリング部門,生命体統合シミュレーション,J0210104 2015年9月